"周辺機器" の一覧

Bluetooth対応のラベルプリンタを衝動買い

Amazonにて4/21まで『カシオ メモプリ』が半額の事で、Bluetooth対応のメモプリを1657円で購入。ブラザーのp-Touchの方がSDKが公開されていて好みなんですが、この値段なら試してみようかと。

カートに入れても3315円で決済時に半額になりました。

Amazonから買わないと半額にならないので注意。

NETGEAR RNDU6000-100JPSのHDDベンチマーク

NETGEAR RNDU6000-100JPSのベンチマーク。購入して1年半ほど経過しているRAID-Xで計測。

image

 

———————————————————————–
CrystalDiskMark 3.0.3 (C) 2007-2013 hiyohiyo
                           Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
———————————————————————–
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

           Sequential Read :    53.117 MB/s
          Sequential Write :    57.265 MB/s
         Random Read 512KB :    17.583 MB/s
        Random Write 512KB :    58.455 MB/s
    Random Read 4KB (QD=1) :     0.939 MB/s [   229.2 IOPS]
   Random Write 4KB (QD=1) :     6.634 MB/s [  1619.6 IOPS]
   Random Read 4KB (QD=32) :     0.982 MB/s [   239.7 IOPS]
  Random Write 4KB (QD=32) :     6.793 MB/s [  1658.5 IOPS]

  Test : 1000 MB [P: 38.4% (2485.1/6466.7 GB)] (x5)
  Date : 2014/01/25 0:51:33
    OS : Windows 7 Ultimate SP1 [6.1 Build 7601] (x64)

ピータッチ9500PCをWindows7でもネットワーク経由で使う方法

PS-9000というUSBプリントサーバーを経由してピータッチ9500PCを使用していたが、PS-9000のドライバがVistaまでしか対応していない。Windows7にてネットワーク経由で使用する場合の設定方法を記載します。

1. 最新のドライバをbrotherのサイトより入手してください。

2. 接続方式にシリアル接続を選択して進めてください。USBにすると接続されているかチェックが必要になる為です。

image

3. 画面に従ってインストール作業を進めてください。

image

4. 画面に従ってインストール作業を進めてください。

image

5. 画面に従ってインストール作業を進めてください。

image

6. 画面に従ってインストール作業を進めてください。

image

7. 画面に従ってインストール作業を進めてください。

image

8. シリアルポートに関する設定は適当で構いません。ここではポートにCOM1を設定して進めました。

image

9. ボーレートは初期値で問題ありません。

image

10. 画面に従ってインストール作業を進めてください。

image

11. 画面に従ってインストール作業を進めてください。

image

12. 画面に従ってインストール作業を進めてください。

image

13. デバイスとプリンターからPT-9500PCを右クリックしてください。

image

14. 「プロパティ」をクリックし、「ポート」のタブを表示し、「ポートを追加」をクリックてください。

image

15. 「Standard TCP/IP Port」をクリックしてください。

image

16. 画面に従って進めてください。

image

17. PS-9000のIPアドレスをしてくしてください。

image

18. そのまま進めてください。プリンタが検出できないと表示されますので、下記の画面で「カスタム」を選択してください。

image

19. ポートについて詳細を入力

RawからLPRに変更し、キュー名を「br」にしています。(キュー名は以前見かけた気がする名称をセットしているだけです。)

image

20. これで完了

テスト印刷しても、用紙サイズの問題で正常に印刷できません。P-touch Editerなどを使って印刷テストをしてください。

image

もし、NASの共有プリンタ機能などがあればPS-9000が無くても共有できる気がします。確認取れたら追記する予定です。

CASIOのWirelessConnection3がヒドイ

CASIOのプロジェクタXJ-A145Vを購入したので、無線LAN経由で使える機能を試してみた。今までプロジェクタに付属するまともなソフトを見たことが無いが、時代はだいぶ進んだし変わっているはずと期待に胸が膨らむ。(1時間経過)・・・これはヒドイ( ノД`)。

WirelessConnection3というソフトはプロジェクタを無線LANの親機として接続するが、正常に接続できているか検出するために

  1. 一度無線を切断
  2. 無線の接続管理を強制的にWindows管理下へ戻す
  3. 指定されたパスワードで接続を試す。ただし接続するSSIDはWindowsで認識できているSSIDに依存。
  4. SSIDが複数存在するとうまく接続できないパターンが発生
  5. 何回か試すと稀に接続できる

という結果に。そもそも接続を検出するために切断するって・・・一体。正常に接続できている前提で動くだけで60点まで評価は上がるのですが残念です。

そもそも、無線LANの子機として既存のLANにぶらさがってくれないとNIC(無線LANアダプタ)が2枚無いと社内LANとプロジェクタと同時に通信できないじゃないか!!!

無線LAN経由での利用が便利なプロジェクタがあればぜひ情報頂きたいです。

4GBで3500円のMP3プレイヤー(Transcend MP320)

たまたま触る機会があったTranscend MP320 についてのレビュー。

  1. 安い(4GBで3,500円)
  2. 日本語表示も問題なし。
  3. iTune Musicフォルダをコピーして運用するだけで問題ない。ただしAACは非対応なので保存形式をMP3にしている人に限る。
  4. 3行表示の有機LEDディスプレイながら、ファイルナビゲータというモードにすると階層構造になっているフォルダの移動もボタンで簡単にできる。
  5. FMチューナーとマクロによる録音も可能。

USBメモリ内のファイルを再生できるカーステレオなどを使っているなら、イヤフォンを用意すれば、抜き取るだけで車外へ持ち出して続きが聞けるのでかなり便利なはず。予想外に使い易かったのでオススメです。

メディアプレイヤー

対応フォーマットといい、このメディアプレイヤー&簡易NASとしてこれを買うのが一番と思われる。下手なメディアプレイヤーを購入して、失敗→買い直しをするならこれを43,800 円で購入した方が安い。買う資金が無いから推測だけど(汗

コーデック MPEG1, MPEG2, MPEG4, XVID, H.264, H.263, WMV9, VC1
コンテナ AVI, MPEG/MPG, VCD (ISO, MPG), DVD (VOB, IFO, ISO), WMV, ASF, TP, TS, TRP, M1V, M2V, M4V, M2P, M2T, M2TS, MTS, MOV, MP4, RMP4, MKV

http://www.unistar.jp/product/qnap/nmp/nmp1000/index.html

http://www.qnap.com/jp/pro_features_PS3.asp

VistaからTeraStationが認証できない

VistaになってからTeraStation(TS-TGL/R5)への認証ができなくなったので対策をメモ。

WS000011 管理ツールからローカルセキュリティポリシーを選択
WS000009 「ローカルポリシー>セキュリティ オプション」と選択。

ネットワークセキュリティのLAN Manager認証レベルを選択。

WS000010 「NTLM応答のみ送信する」に設定。で終わり。

Vista対応表で記載されているVista対応=「本体は動作します」ので問題なく使えるけどアクセス権を設定していると使えないということみたい。ファームウェアは相変わらず2007年9月11日から更新されず。

USBのHDDをNAS化できる無線AP

 

coregaからUSBのHDDをNAS化できる無線AP、CG-WLR300Nが発売されたらしい。

CG-WLR300N

 

良さそう

SSIDを2つ設定できる
USBメモリ、HDDを共有できる
無線利用可能時間をスケジュールしておける
ワイヤレスパーティション機能

でも・・・

FAT32フォーマットのみ。NTFSは読み込みだけ。
有線LANが100Baset-T

という点は注意。これでNTFSもオッケーで有線LANが1000Baseで、しかもREGZAの録画用にも使えたりしたら即買いでした。

LinkStationのHDDを読む(2)

昨日の記事はうそでした。すみません。LinkStationとTeraStationのファイルシステムはXFSなのでEXT2/EXT3用のツールでは読めません。

改めてちょっと調べましたが、現状ではKNOPPIXを使うのが一番楽なのようです。REGZAもXFSだというのは新たな発見。

あと、最近BuffaloのNASにHDD読み込み用ツールが添付されていたはず・・・と思って確認してみたらEXT3だけでXFSは読めないと。どうりでバックアップ用USB接続HDDが読めるという不自然な表現になるはず。

あと、BitTorrent機能が今のモデルに入っているのに驚き。怪しげな機能はPlanexの数少ないメリットだと思っていた(汗)