ガルーン3 – (1)最近不具合多くないですか?

サイボウズのガルーン3を利用しているがここ最近の感想をいくつか。

サイボウズさん、最近不具合多くないですか?

まず、サイボウズからリリースされるUpdateには3つの種類がある。

  • メジャーバージョンアップ – 機能追加を目的としたバージョンアップ
  • サービスパック – 過去のパッチと緊急を要さない不具合の修正
  • パッチ – サービスパック提供前に緊急を要する修正

最近はどんな感じでリリースされているかというと、公式サイトにもあるが、

  • 2011/10/12 「サイボウズ ガルーン 3」パッチリリースのお知らせ(2011/10/13)
  • 2011/09/14 「サイボウズ ガルーン 3」パッチリリースのお知らせ(2011/09/15)
  • 2011/09/02 「サイボウズ ガルーン 3.1 Service Pack 2」を公開しました。(2011/09/05)
  • 2011/07/29 「サイボウズ ガルーン 3.1 Service Pack 1」を公開しました。(2011/08/01)
  • 2011/05/17 「サイボウズ ガルーン 3」パッチリリースのお知らせ(2011/05/18)

という具合。特にここ最近サービスパックを適用したら不具合が発生→パッチ公開の流れが多い。サービスパックが公開されてると実際に利用している会社の社内SEには何が起こるか簡単にまとめてみた。

  1. サービスパック適用作業(4~8H)
  2. 不具合発生(0H)
  3. 不具合検証(2H)
  4. サポートへ連絡(1H) →その後返信待ち(1~2日)
  5. 状況によってはエビデンス提出(3H)
  6. 先頭へ戻る。
実際に利用している会社の社内SEには何が起こるか。

という流れになる。「パッチのリリースサイクルが短くなる」というのは「サーバー停止時にしかバージョンアップできない」という事から、私の場合は休日出勤が増えるのと同義となる。

ちなみにパッチの場合はファイルの差し替えとキャッシュのクリア程度なので1時間程度だが、DBの更新が必要なバージョンアップはデータ量によって変動するが相当な時間がかかる。私の場合は約100GBのデータで最短でも2時間は必要。

他にもいろいろあるので、別のエントリーに記載する予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です