ガルーン3 – (2)メール機能について

メールクライアント機能強化してくれませんか?

今はみんな諦めているので何も言ってこないが、導入直後は「サイボウズのメールクライアント機能(以下メール)は貧弱だ。」と社内のユーザーから言われた。

現状のメールについては下記を読んだ上でデモサイトを確認してもらえると話が早いかと。

  • 左にツリービュー、右に一覧と2ペインっぽいが、一覧から選択して本文を確認しようとすると全体がリロードされる。その後、戻るボタンで戻ると、未読状態のまま(既読になったのを確認するにはリロードが必須)。
  • HTMLメールは別途リンクをクリックして表示する必要がある。またそのボタンが小さくて判りにくい。
  • 送信ボタンを連続でクリックすると、「そんなメール無い」とエラー表示になる。(一回目のクリックで送信済みになり、2回目には送信対象となるメールが存在しない状態が発生する。ガルーン2の頃から指摘しても残り続ける仕様。)

Webベースのメールと言っても昔のCGIベースのイメージは無くなり、GoogleやYahoo(Zimbra)といったものが世間のイメージになっている。青野社長の言動からはメールを重視していないような気配が漂っているが、もっと使い易くして欲しい。ActiveMail・feedpath(もう提携終わった?)などの提携している製品を立てる必要があるのだろうけど製品に含まれる機能ですよね?

そもそも、Webメールという機能だけで単体の製品として成り立つのにガルーンの1機能として今後もやっていけるのか?最近トラブルが起きているのもメールのように思う。思い切って開発停止&サードパーティ製品への移行を促すか、サードパーティ製品を取り込むか決めた方が社内のリソースも有効に使えるのでは?私が願うのは、メールについて「活かさず殺さず」の現状を「活かす」か、「殺す」か決められてはどうか?

もしガルーンの導入を検討されているのであれば、メールは利用しない方向で検討することをお薦めします。上記の使い勝手の部分に加え、メールをガルーンに含めるとデータ量が肥大化し、運用負荷がかなり増えます。サイボウズも同じような見解だったはず。

あと「社内メール」が便利というのは理解できるが、社外とのやり取りに「メール」は必須になる。しかし「メール」と「社内メール」を使い分けるだけのITリテラシーが必須になってしまう。ちなみに私は「社内メール」を使用しないで運用しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です