クライアントLPAR

AS400ではLPARと呼ばれる機能があり、ハードウェア上で複数のiOS(AS400)を稼働できる。その際にLPARとクライアントLPARとレベルの違いがあるらしい。※現在、LPAR使ってないので細かい事何も判らん状態の覚書です。

LPAR

二つの領域が並列で稼働するイメージ。CPU、メモリは共用になるが、HDDコントローラ、NIC(LAN)は共用不可。※テープなどはSWITCHコマンドで切り替えるらしい。

クライアントLPAR

メイン領域の上に構成されるゲスト領域の扱い。CPU、メモリ、HDDコントローラ、NIC(LAN)は共用できる。しかし、メイン領域が落ちるとゲスト領域も使用できない。

 

新システムと旧システム用の領域を作成して、段階的にシステム移行したい。CCSIDも1399(UTF8)に統一するとか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です