QS36F

System36という、ずいぶん昔の仕組みで作られたプログラムはQS36Fというライブラリにしかアクセスできない。 また、近頃のiOS(AS400)では基本的にSystem36はサポートしない。プログラムを動かすのも有償オプションになっているとのこと。

アクセスできるライブラリが限定されることで、システムの移行やテスト環境を作ることが大変。 できるだけ早く移行したいと思いつつ、進まない・・・。

QS36F への2件のコメント

  1. QS36Fならずともアクセスできますよ。
    OVRDBFで指定すればOKです。
    AS/400登場時からの仕様です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です