サイボウズのガルーン2について(1)

以前、サイボウズ製品を導入するに当たって違いがよく分からなかったガルーン2とOffice7についてちょっとまとめてみます。

ユーザー100名の場合の価格

サイボウズ ガルーン2 サイボウズOffice7
DBエンジン MySQL5 独自DB MySQL
初期導入費用
(ユーザー100名)
1,100,000円 380,000円
ワークフロー
(100名)
1,100,000円 198,000円
保守契約(1年) 220,000円 99,800円
RSSリーダー 標準搭載 なし

個人的に気になる点はこれぐらい。RSSリーダーはなぜ必要か?というと社内のシステムの更新情報などがRSSで提供されていればログイン後のポータル画面で表示ができるので便利だからです。複数のシステムへのポータルとして機能させるには必須です。

正直言ってOffice6まで付属していたワークフローがオプションになったのは、ガルーン2の方と歩調を合わせたんだと思いますが、お買い得感が全く無いですよね。バージョンアップすると今まで標準だった機能を別でライセンスが必要になるなんて。

個人的には、オープンソースのプロジェクトを取り込んでサイボウズの製品自身もオープンソースにできれば最先端の技術を製品に組み込めると思うのですが・・・今の製品ラインナップとは別でもいいから。

ここがもっと重要な点だと思いますが、データを抽出したい場合はガルーン2でないと無理かもしれません。MySQLなのでODBCやJDBCが利用できます。各ユーザーのスケジュールから来客予定だけを取り出したいというのも可能。Office7でできるかどうかちょっと検証できません。

2009/1/8追記

ワークフローが追加オプションになったのはOffice6からのようです。失礼しました。またOffice7からはMySQLらしいです。ガルーン2の必要なし?Office7ユーザーの方、MySQLのバージョン教えてくれませんか?

サイボウズのガルーン2について(1) への1件のコメント

  1. ピンバック: アリンコネット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です