FireFoxでのWindows統合認証

Windows統合認証になっているサイトをFireFoxで閲覧した際の動作の備忘録。DotNetNukeで検証。

Windows Authentication Disabled. DotNetNukeでActiveDirectoryとの連携を使用すると左のようにWindows認証が無効になってると言われる。
WS000165 このときの設定は、こんな感じで統合認証のみ。
WS000166 「既定のコンテンツページを有効にする」の欄が有効になっていて、かつWindowsSignin.aspxが最上位になっている。
WS000167 認証無しにするには、まず「既定のコンテンツページを有効にする」にてDefault.aspxを最上位にする。
WS000168 「匿名アクセスを有効にする」をチェック。「統合Windows認証」のチェックを外す。
これでFireFoxでも問題無く閲覧可能。

DotNetNuleでWindows統合認証にすると編集可能であれば編集用のバーが上部に表示されて、あまり一般ユーザー向きではないので解除する方法を記載しました。FireFox上で統合認証を有効にしたい場合は

1.ロケーションバーに”about:config”と入力し、Enterキーを押す。
2.’network.automatic-ntlm- auth.trusted-uris’ ‘network.negotiate-auth.delegation-uris’ ‘network.negotiate-auth.trusted-uris’ を探し、それぞれダブルクリックして、統合Windows認証を行っているサイトのURL(例:http://aaaa.local.com)を入力する。

という方法もある模様。こちらを参考にさせて頂きました。多数のクライアントに実施する方法としてはあまり現実的じゃないけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です