"ツール" の一覧

お気に入りの同期

以前から自宅と職場のお気に入りの同期について困っていたが、GMarksというFireFoxのアドンで解消できそう。

以前からお気に入りの二重管理がいやでIEのお気に入りをそのまま使えるDonutsシリーズしか使っていなかったが、これを気にFireFoxに移行した。

Refreshとか意味もわからず押したら、お気に入りデータが破損する場合があったので若干の不安もあるが、今のところかなり便利に使ってる。

ZoneAlarmの調子が悪い。

最近ZoneAlarmの調子が悪い。

最新版(JP)の65.725.000にアップデートしたら、タスクトレイのアイコンが表示されない場合があった。
起動していないのかと思えばプロセスとしてzclient.exe(?)は存在しているし、設定画面を表示させる為にスタートメニューより起動しようとしても「アクセスできません」的なダイアログが出るだけ。
※どうも地雷だったらしい(汗

OSを再インストールしても同じ現象だった為、他へ乗り換えるかWindows標準のファイヤーウォールを使用しようかとも考えた。
ただ、Windows標準では外部発信のブロックができないのは困る。結局、目ぼしい乗り換え先も見つからないため旧バージョンをバージョンチェック無しで使用することに。

ついでにウィルスチェックに使用しているAVGもアップデートしようと思ったが、ふとavast!の事を思い出してこちらへ乗り換え。

UNIXコマンドをDOSで

UNIXコマンドをDOSで使えるらしい。

最近USBの認識できる起動FDというか起動CD-ROMが欲しくて探したらたどり着いた。
このあたりからゲット


A: uxutl23a.zip


basename : Display file namename
bmgrep : Fast pattern matching utility
cal : Display calendar
cat : Concatenate files
cdiff : Context difference
cgrep : Searches file for pattern and display context
chmod : Change file attributes
cmp : Compare two files
comm : Select or reject lines common to two sorted files
cp : Copy files
cpio : Archive files
csplit : Context or line file splitter
cut : Cut data out of a file
USAGE : doc file


B: uxutl23b.zip


date : Display / change date and time
dd : Data copy
df : Display Disk Free space
dirname : Extract directory name from filename
du : Display disk usage
expr : Evaluate arguments as expression
fgrep : Searches file for string
find : Search dir tree for files matching req.
fold : Fold long lines to stdout
fstat : Print file status information
grep : Searches file for pattern
head : Display file headers
ls : List directory


C: uxutl23c.zip


m4 : M4 Macro processor
make : Makefile processor
mkdir : Make path
mv : Move files
od : octal dump
printarg : Print arguments to stdout
printenv : Print environment to stdout
rm : Remove files
rmdir : Remove directories
setschar : Set switch character
sleep : Wait for n seconds
sort : Sort files
split : Split file into n line parts


D: uxutl23d.zip


strings : Display the strings in files
sym Display symbolic info from obj and lib files
tail : Print tail of file
tee : Copy stdin to one or more files and standard output
touch : Change a file’s time stamp or size
tput : Output a termcap string
tr : Translate characters
uniq : Display unique lines
wc : Count number of words in file
which : Display the dir containing a command from PATH