"WindowsServer2008" の一覧

WindowsServer2008R2でのWSUSインストール

現在使用しているWSUSサーバーの反応が異常に重たいので、WindowsServer2008R2で新規構築した際のメモ。役割から追加するとは思わなかった。

1.Windows Server 2008R2について

image

2. 役割を追加

image

3. Windows Server Update Serviceのチェックをクリック

image

4. 「必要な役割サービスを追加」をクリックし、「次へ」をクリック

image

5. 「次へ」をクリック

image

6. 「次へ」をクリック

image

7. 「次へ」をクリック

image

8. 「インストール」をクリック

image

9. インストール完了まで待ちます

image

10. セットアップウィザードが表示されますので、「次へ」をクリック

image

11. 「使用許諾契約書に同意する」を選択し、「次へ」をクリック

image

12. 「次へ」をクリック

image

13. 「更新プログラムをローカルに保存する」にチェックが入っている事を確認。

image

14. 「このコンピュータにWindowsInternalDatabeseをインストールする」を選択する。(各自の環境による)

image

15. 「Windows Server Update Service 3.0 SP2のWebサイトを作成する」を選択し、「次へ」をクリック

image

16. 「次へ」をクリック

image

17. インストールが終わるまで待ちます1

image

18. インストールが終わるまで待ちます2

image

19. 「完了」をクリック

image

20. WSUSの設定ウィザードが開始するので、「次へ」をクリック

image

21. 「次へ」をクリック

image

22. 「Microsoft Updateから同期する」のまま「次へ」をクリック

image

23. プロキシについて設定がなけれな、「次へ」をクリック

image

24. 「接続の開始」をクリック。15分程度かかった気がします。

image

25. 「次へ」をクリック

image

26. 「次の言語版の更新のみをダウンロードする」を選択し、「日本語」にチェックが入っている事を確認して「次へ」をクリック。

image

27. 更新する製品を選択します。

image

28. 「更新のクラス」を選択します。

image

29. 「同期スケジュールの設定」をします。

image

30. 「次へ」をクリック

image

31. 「完了」をクリック

image

32. 以降はサーバーマネージャーで管理

image

Windows Server 2008のCAL

やっちまった。Linuxサーバーで稼動していたウェブアプリをWindows Server 2008へ移行した。ふと気になって、Windows Server 2008 ライセンス よく寄せられる質問あたりを眺めていると・・・


Q. CAL を必要とせずに Windows Server 2008 のホスト OS で実行できるサービス/機能は何でしょうか?

A. ホスト OS が Windows Server 2008 で、Hyper-V を利用し、かつゲスト OS として Windows Server 2003 以前のサーバー、Windows クライアント、Linux だけを実行する場合は Windows Server 2008 CAL は必要ありません。

  • ホスト OS の機能として、Hyper-V のみを実行している場合には、Windows Server 2008 CAL は不要です。
  • ホスト OS の機能として、Hyper-V のサービス以外を利用する場合および、ゲスト OS として Windows Server 2008 を利用する場合、Windows Server 2008 の CAL は必要です。

ということで、IIS7を立ち上げるのはNGです。Windows Server 2003 R2 x64あたりで仮想環境上に構築すれば2008のCALは不要(´・ω・`)